Ruby on Railsエンジニアに開発を業務委託・外注できる会社

クライアント企業からもっとも良くご相談を受ける課題として、ITエンジニアが不足していて、なかなか採用がうまくいかないというものがあります。日本全体が働き手不足になっている中、特にIT業界の人材不足問題は深刻と言われています。

今回は、IT・WEB業界でニーズが非常に高いRuby on Railsエンジニアの求職者市場の動向やエンジニア獲得のための方法などをご紹介します。

この記事は、IT企業とフリーランスエンジニアをマッチングする専門エージェントサービス「APPSTARSフリーランス」がお届けしています。

フリーランスエンジニアに開発を業務委託・外注したい企業様は、以下の相談ボタンからお気軽にお問い合わせください。Web・アプリ・ゲーム業界に精通した専門エージェントが、企業・開発ニーズにマッチしたエンジニア・プログラマーをご紹介します。面談調整、ご契約手続き、アフターフォローまでしっかりサポートさせて頂きますので、ご安心ください。

Ruby on Railsエンジニアの求職者市場の動向

Ruby on Railsでの開発経験が豊富(3年以上)で即戦力になりそうなエンジニアの方は、スタートアップやベンチャー企業を中心にニーズが非常に高く、高い給料、自由な働き方、やりがいのある仕事など好条件を提示されることが多くなっています。

企業側も離職率を下げたいため、入社した後もエンジニア本人の希望に沿った給料、働き方、仕事を提示して、エンジニアがなかなか人材市場に出てきにくい状況が続いているようです。

スタートアップやベンチャー企業を中心にして、Rubyエンジニアのニーズが高くなっている要因としては、フレームワークであるRuby on Railsが開発効率が高く、学習コストも比較的低いということで、Rubyが新規開発に採用されることが多いためです。

 

Rubyエンジニアを獲得する方法

Rubyエンジニアを獲得する方法として以下の3つが挙げられます。

①正社員の採用

正社員の採用において、媒体としては、「転職エージェントの活用」、「社員や知人紹介によるリファラル採用」、「求人・リクルーティングサイトによる採用」などがあります。

正社員の採用は比較的中長期で仕事に従事してもらうことを前提としていますが、最近では正社員でも条件やカルチャーがフィットしにくいと感じてしまうと、1年以内に離職してしまうケースも結構起きているようです。

また、経験を積んだ即戦力のエンジニアよりも若手のエンジニアが多く、先輩エンジニアによる教育が必要になるケースが多いようです。しかし、戦力化することができれば、中長期的にはその会社への貢献度が非常に高くなると期待できます。

 

②受託開発会社への外注・業務委託

2つ目の方法としては、開発自体を受託開発会社へアウトソーシングする方法があります。

IT企業ではない場合、開発の知見がなく、どのように開発すれば良いのか分からないケースが多いため、受託開発会社へ依頼すれば、そこまで人手を掛けずに進行してもらえます。

しかし、コミュニケーションでの認識齟齬が発生しやすかったり、ITの知見も社内に蓄積しないという点に注意した方が良いかもしれません。また、開発費用は年々高くなってきているので、しっかり要件を抑えて依頼しないと開発コストが非常に高くなってしまいます。

 

③フリーランスエンジニアへの業務委託

3つ目の方法が、フリーランスエンジニアへの業務委託・SESです。正社員とは異なり、開発経験が豊富な即戦力のエンジニアが多く、開発スピードも上がりやすいです。

フリーランスエンジニアの特徴として、1年前後で次の案件・お仕事に移る方が多い傾向にありますが、1年以上契約を継続する方もいます。求人企業としてのメリットは、開発プロジェクトの状況や特徴にマッチしたエンジニアに仕事を任せられる点が挙げられます。

 

Ruby on Railsフリーランスエンジニアが会社に求めるニーズ

上述の通り、Ruby on Railsでの開発経験があるフリーランスエンジニアの市場ニーズは非常に高いため、条件も上がってきている傾向にあります。特に以下の条件を求める方が多くなっています。

・週3日や週4日の案件

・リモートワーク可能な案件

・単純な運用案件ではなく、新規の開発や技術的なスキルアップが望める案件

報酬よりも自由な働き方や仕事へのやりがいを求める方が多い印象です。

 

APPSTARSフリーランスのRuby on Railsエンジニアスキル例

APPSTARSフリーランスに登録しているRuby on Railsエンジニアのスキル例は以下の通りです。

①Ruby on Rails経験:7年

40代のフリーランスエンジニアの方で、Rubyはもちろん、React.jsやVue.jsを使ったフロントエンド開発まで対応可能なフルスタックエンジニアです。開発リーダーの経験もあり、基本設計から携わることもできたり、AWSの構築経験もあります。

 

②Ruby on Rails経験:6年

SIer企業からベンチャー企業を経て、フリーランスエンジニアになった方です。リモートワークでの仕事をやり続けていて、リモートワークでもうまくチームコミュニケーションを取っていくノウハウなどを持っていたり、仕事に対するコミット力も非常に高い方です。

 

③Ruby on Rails経験:3年

20代後半の若手エンジニアですが、スキル習得に大変ポジティブで、自身でも平日夜や祝日にプロダクトを作っていたり、自己学習をされている方です。不明点を自身で調べていく積極性もあり、クライアント企業からの評価も高いエンジニアです。

 

APPSTARSフリーランスでRubyエンジニアをマッチングするまでの流れ

APPSTARSフリーランスのサービスをご利用いただき、実際にエンジニアとマッチングするまでの流れは以下の通りです。

①エージェントがクライアントの求人条件やプロジェクトの状況をヒアリング

②クライアントの開発プロジェクトにマッチするフリーランスエンジニアをご提案

③クライアント、フリーランスエンジニア、APPSTARSフリーランスの3者面談を実施

④ご契約(APPSTARSフリーランスがしっかりサポートします)

 

エンジニアとのマッチングで失敗しないための確認項目

フリーランスエンジニアに業務委託する時にプロジェクト案件とマッチしにくい状況で参画してもらうと、プロジェクトが上手くワークしない可能性もゼロではないため、以下の確認項目は最低限チェックした方が良いでしょう。

・エンジニアスキルが案件にマッチしそうか?

プロジェクトの担当エンジニアの方も面談などに加わり、技術的にやや深堀した質問をしてみると良いです。また、場合によってはGitのソースコードを確認したり、簡単な技術テストをしても良いかもしれません。

・稼働条件がプロジェクトにマッチしそうか?

プロジェクトの予算、リリース時期、体制などと照らし合わせて、フリーランスエンジニアの方との条件がマッチするか再度検討しておいた方が無難だと思います。

・チームフィットしそうか?

業務委託契約でも一緒に仕事する仲間として、ある程度チームフィットしそうかも確認した方が良いでしょう。

 

Ruby on Railsフリーランスエンジニアの単価金額の相場

フリーランスエンジニアのご経験、スキル、ご本人の希望金額によっても変動することもありますので、個別にお伝えさせていただきます。相場などを知りたい企業様は、以下の相談するボタンからお気軽にご連絡ください。

 

 

Ruby on Railsエンジニアに開発を業務委託・外注するならAPPSTARSフリーランス

最後にAPPSTARSフリーランスの紹介をさせてください。

APPSTARSフリーランスは、企業とフリーランスのエンジニア、WEBデザイナー、WEBディレクター、PMなどのマッチングを行っています。業務委託や外注をご検討中の企業様は是非お問い合わせください。

①IT・WEB・ゲーム業界の開発現場に精通した専門エージェントが企業様のニーズに合うエンジニアをマッチング

APPSTARSフリーランスは、WEB・アプリ・ゲームの開発実績が1500を超える株式会社モンスターラボが運営しており、開発現場に精通したエージェントが企業様のニーズをしっかりヒアリングさせて頂きますので、マッチングの高いフリーランスの方をご提案可能です。

 

②提案、面談、ご契約まで即日(最短3日以内)でご紹介可能

APPSTARSフリーランスには随時フリーランスの方からの登録がありますので、条件にマッチするIT人材を素早くご提案可能です。ご提案から実際のご契約まで最短3日以内で完了したケースもございます。

 

③ご契約後もしっかりサポート

ご契約後も担当エージェントがフリーランスエンジニアの状況も随時確認させて頂き、アフターフォローまでしっかりサポートさせて頂きます。ご要望やご相談がありましたら、お気軽にお申し付けください。

 

まとめ

Ruby on Railsエンジニアは求人市場ニーズも高く、正社員での採用は、どの企業も苦戦しており、この傾向は今後も続くと考えられます。

一方でフリーランスエンジニアになりたいと考えているエンジニアは年々増加傾向で、APPSTARSフリーランスに登録するエンジニアの方も増えてきています。

APPSTARSフリーランスに依頼した企業様でもRubyエンジニアの獲得ができて、開発を加速したり、フリーランスの方から知見を吸収するケースも出てきています。

フリーランスエンジニアへの業務委託・外注を考えている企業様は以下のボタンからお気軽にお問い合わせください。